発症を防ぐ方法

女医

感染性の有無

いぼには感染するものとしないものとがあります。感染するのはウイルス性、しないものは老人性いぼと呼ばれています。それぞれ発症の原因が異なっており、うまくすれば予防も可能です。ウイルス性のタイプは文字通りウイルスが肌に付着することで感染します。発症ルートは公衆のプールや銭湯などの水場や、いぼを触った手で触れられたケースが多いです。公衆の水場に行った際は、身体をしっかり洗い流すことで予防が可能です。また、いぼが発症してしまった場合、患部に触れた手で別の場所を触ると増殖する可能性があるので気をつけましょう。ウイルス性のタイプはサイズも大きくなりやすく、取り除く場合は液体窒素で焼くか手術で除去するのがおすすめです。芯が残ってしまうと再発する可能性があるためです。液体窒素は皮膚科で施されますが、痛みを伴う場合があります。痕が残るのでは、と不安な人は、美容外科で手術によって取り除くのを推奨します。老人性のいぼは加齢によって発症する可能性が高いものですが、20代から発症することもあります。原因は紫外線や摩擦などが多く、衣類が触れる背中や日光にさらされる首などに発症しやすいタイプです。治療方法はレーザー治療を用いることが多いのですが、除去を行なっても体質によって再発を繰り返すことがあります。美容外科では、いぼを除去する際2種類の方法が主に用いられます。状態や種類によって、一番適すると考えられる方法がとられます。1つはレーザー治療です。いぼができた皮膚組織は水分が多いため、炭酸ガスレーザーを照射するとその水分が蒸散し、はじけ飛びます。その際に一緒に皮膚の組織が削られ、取り除ける仕組みです。肌への負担が比較的に少なく、出血もないため初めて治療を受ける人には手を付けやすい方法です。もう1つは切除手術です。周囲の皮膚から患部を切り取り、除去する方法です。レーザー治療に比べて体への負担は多少ありますが、患部をすべて取り除けるため再発のリスクを減らすことができます。特にドーム状になったウイルス性のいぼの場合は、手術で綺麗に取り除くのが安心です。最小限の範囲しか切開しないため、傷口もそれほど大きくならないことが多いです。抜糸までは数回通院する必要がありますが、抜糸後は傷も綺麗に治ることがほとんどです。美容外科の良いところは、いぼを取ることに加えて肌を美しく修復することにも重点を置いてくれる点です。いぼを取りたいと願って来院する人の多くは、肌を綺麗にしたいという気持ちからだと思われます。その根源となる目的を果たすために、美容外科は尽力してくれるのです。

ウーマン

治療できるところが豊富

いぼの治療は健康保険適応できますが、治療範囲の違いや綺麗にしてくれるといった事から美容外科クリニックを選ぶ方が増えています。費用は自費診療なので一般的な病院より高くなりますが、それに見合う希望に沿った手術を行ってくれます。

診察

美容効果のあるお肌の治療

いぼの手術は美容外科で利用できますけど最初はカウンセリングを行い、利用するプランを決めてから施術をします。信頼できるクリニックを選ぶ時は医師の能力が重要になるので、いぼ手術の経験が豊富な方のいる所を選べば失敗しません。

女の人

美容対策に使える施術

美容外科のいぼの手術は最初にカウンセリングを受けて、どういう形で行うのか話し合いをしてから利用します。できる治療法は複数存在しているので、それぞれの特徴を知っておけば自分に向いているやり方を選べます。

レディ

治療に使える美容外科

いぼの手術は一般的なクリニックでも利用できますけど、十分なケアを受けたい場合は美容外科が向いています。手術後の対応も相談できる所なので、特別な治療法や美容対策をしたい時に使えば問題を起こさずに治せます。

Copyright© 2018 いぼに悩んだら手術を検討しよう【再発のリスクを減らす】 All Rights Reserved.